サービス内容

SERVICE

土工事

専門的な技術により
施工効率・精度・安全性が高く、
環境負荷の低い施工を行ないます

重機土工事とは

ブルドーザやバックホウ(ドラグショベル)、ダンプトラックなどの重機を使って山を切り崩したり、谷を埋めたりすることで土や岩石を動かし、道路や敷地を造成する重機土工事が専門の会社です。

白河ソーラーパーク

白河市でメガソーラーの敷地造成工事を行っています。
土量200万m³の大規模土工のため、70t級ブルトーザー9台、85t級バックホウ10台、40t級ダンプ15台の
計34台を使って工事しております。
敷地が広大なため、法面整形などはICTを活用しMCバックホウで施工しています。

国道288号 船引バイパス工事

田村市船引町で、国道288号線の船引市街地を迂回するバイパス道路を作っています。


207号工区の施工状況


254号工区の施工状況

328号工区の施工状況

メガステージ二本松

二本松市で大型商業施設の敷地造成工事をしています。
場内の切土・盛土と10tダンプでの残土搬出を行っています。

現時点では法面整形のみICTを活用して施工しています。

広瀬広畑地区道路改良工事

県道吉間田滝根線の工事の一部です。
ICT活用工事で、MCバックホウで法面整形を行っています。

スマートコンストラクションアプリ画面

小名浜平線災害対策工事


いわき市鹿島町の土砂崩壊現場の災害対策工事を行います。

小野IC下部工各工区

磐越道小野IC付近の複数工区で下部工の掘削・埋戻し工事を行っています。

県道吉間田滝根線工事


県道吉間田滝根線160号工事の状況


県道吉間田滝根線161工区側より160工区側を見た状況


施工完了全景(2021年3月)

当現場は、ICT建機による施工をしています。(使用ICT建機:コマツPC200i-11)


スマートコンストラクションの断面確認画面

東沢地区道路改良工事

伊達市保原町東沢で、相馬福島道路の続きを行いました。当現場もICT建機による施工です。
(使用ICT建機:CAT 320E、コマツ PC200i-11、CAT D3K、CAT CS54B)


CAT320EとコマツC200iの2台の
ICT建機による法面整形同時施工状況


現場全景


スマートコンストラクション表示画面(土量表示)

内倉橋道路改良

いわき市小川町上小川から川内村へ抜ける国道399号線の改良工事です。
曲がりくねった現道を避けて新しい道路を作ります。険しい山や川を抜いていく工事です。

いわき石川線(石田地区)工事


石川町の国道118号線から石川トンネルを抜けて御斎所街道へとつながる
県道いわき石川線(石田地区)の工事を行っています。

ICT活用工事です。下は設計データの3Dビューです。

百村地区、青木地区特高発電所工事

栃木県那須塩原市の百村地区および青木地区の2か所にて、ソーラー発電所の工事を行っています。
いずれもICTを活用して施工しています。

百村地区の設計3Dビュー(6,7工区)

青木地区の設計3Dビュー


百村地区施工状況(6工区浸透池)


青木地区施工状況(北工区浸透池)